今日はスピードワゴンの小沢一敬さんについて調べてきました。

小沢一敬さんといえばナルシストキャラで好き嫌い別れるタイプの芸人さんかと思いますが、

芸能界では1995年から活動している今や中堅芸人。

バラエティ番組などでも安定した面白さから重宝されていますね

 

 

そんな小沢一敬さんについて調べていると

「小沢一敬 頭いい」というワードが数多く調べられていることがわかりました。

そこで気になったので小沢一敬さんが頭いいのかどうかということについてさらに掘り下げて調べてみると、

なんと衝撃的なことがわかりました!

 

小沢一敬は頭いい!!ホリエモンの太鼓判付き!?

小沢一敬さんが本当に「頭いい」のかについて調べてみると、

なんと過去にホリエモンの愛称で有名な実業家、「堀江貴文氏」が

バラエティ番組で、その時出演していたゲストの中で誰が東大に行ける可能性があるかという話題の中で

 

「小沢君はね、もう余裕でいけると思う」

 

と明言していたことが明らかになりました!!

 

堀江貴文さんはかつて東大の文学部宗教学・宗教史専修に通っていました。

その後中退はしているものの、中退の理由は学力不足ではなく、入学自体はしているので東大にもちろん受かっています。

 

その堀江貴文さんに「余裕で」東大に受かるといわれた小沢一敬さんは間違いなく頭いいですよね!!

ですが、普段バラエティ番組などで小沢一敬さんを見ている人は、

なぜ東大に行けるとまで堀江貴文氏が太鼓判を押すのかピンとこないと思います。

 

私もそのうちの一人だったので、どういったことでそこまで堀江貴文氏が小沢一敬さんを評価しているのかについても

詳しく調べてみました。

 

小沢一敬は小説の執筆経験がある!?

 

 

実は小沢一敬さんは2010年に「でらつれ」という小説を執筆した経験があります。

芸人で小説を書いた人といえばダウンタウンの松本人志さんや、

ピースの又吉さんなどが浮かぶかと思いますが、

小沢一敬さんも小説を書いていたのですね。

 

小説を書き上げて売るということは、

出版社が売れると判断してお金を出してくれないと売れませんから、

そういったプロの目から見ても「売れる」と思われるような小説を書くことができる小沢一敬さんを評価していました。

 

小沢一敬は麻雀がうまいから東大に入れる!?

そのほかにも堀江貴文氏は小沢一敬さんが麻雀がうまいことをあげ、

「麻雀がうまい人って、頭良いんですよ、すごく」

とも評価していました。

 

確かに麻雀は運要素もありながらも、

相手の手配を読んだり、自分の上がる手を柔軟に変えたりと複雑なゲームで、

強い人ほどIQが高いといわれています。

 

堀江貴文氏ももちろん麻雀はうまいでしょうが、

その堀江貴文氏に「うまい」と言わせる小沢一敬さんはさぞ麻雀がうまく、

また頭いいということでしょう。

 

まとめ

小沢一敬さんは普段バラエティ番組などで見れば、

他の芸人さんとあまり変わらないかもしれませんが、

実は東大にも受かる頭脳を持った人物だったようです。

 

確かに堀江貴文氏が評価しただけで実際に小沢一敬さんが東大に受かったわけではないですが、

天才と呼ばれた堀江貴文氏に「余裕でいける」といわれる小沢一敬さんはやはり頭いいこと間違いなしですね!!