2015-12-05t01-35-39-d21c3

大谷翔平がメジャー挑戦!?

2016年に優勝した日本ハムファイターズ。

その中で入団から大きな注目を集め、毎年周りに個体を大きく超える成果を出し続けてきたプロ野球界初の二刀流選手大谷翔平選手

そんな中大谷翔平選手に所属球団である日本ハムファイターズズからメジャー挑戦への容認が出たことが明らかになりました

 

大谷翔平選手はプロ入りから毎年のようにプロ野球界を騒がせています。

日本ハムファイターズ入団時には高校生にしてストレート最高時速160㎞を計測し、当時160㎞代のストレートを投げれる投手は球界でも数人しかいなかったため世間を大きく驚かせました

現在ではそのストレートの速度も163㎞まで達し、日本球界最速となっています。

 

もちろん大谷翔平選手の強みはただ球が速いことだけではなく、コントロールから球種の多さ、フィールディングの良さ、スタミナなどどれをとっても投手としては超一流で

プロに入団してからの数年間でその能力にはさらに磨きがかかっています

さらに驚くべきは投球だけでなくバッティングの方でも他の野手以上の技術を持っており、投打ともに両立させるという今までの球界ではありえなかった二刀流の選手として史上初めて君臨しています。

 

そんな入団時から超メジャー級の選手として世間をにぎわせていた大谷翔平選手ですが、ついに大谷翔平選手がメジャーに挑戦することが分かりました!!

日本ハムファイターズに入団からわずか四年で球団に大きな貢献をし、さらには入団交渉時に提示した育成基準も十分に満たしたということで球団からGOサインが出たそうです

高卒5年目のオフからメジャーに挑戦するという異例の速さにかなり驚かれています

 

大谷翔平はいつメジャーに行くの?

さてここで気になるのはいったいいつ大谷翔平選手はメジャーに行くの?ということだと思います

ニュースで大谷翔平選手のメジャー挑戦を見た人も多いでしょうが、今期は2億7000万で球団と契約したというニュースも流れています

 

え?これってどういうこと?メジャーに行く許可は出たのに今年も契約はしたの?じゃぁメジャーにはいつ行くの?

こう思う方も多かったかもしれませんね(;´∀`)

私もいつ行くのかということがとても混乱してどういうことだろうと思って調べてみました

 

どうやら大谷翔平選手のメジャー挑戦にはポスティングシステムというものが適用されるみたいです

ポスティングシステムとは

プロ野球の日米間で2013年11月に成立した新しいポスティングシステム。 今までのポスティングシステムは、フリーエージェント権を持たない日本のプロ野球選手が、米国メジャーリーグ(MLB)へ移籍を希望し、所属球団がそれを認めた場合、MLB球団が日本の所属球団から移籍の交渉権を入札で獲得する制度で、1998年に導入された。

ポスティングシステム(しんぽすてぃんぐしすてむ)とは – コトバンク

https://kotobank.jp/word/%E6%96%B0%E3%83…

というものです。

簡単に言うと今シーズン大谷翔平選手は日本ハムでプレーしながらもメジャー市場に売り出しされて、来シーズンの契約終了時までに最高額落札したメジャー球団に移籍するということです

つまり来シーズンいっぱいはおそらく大谷翔平選手は日本ハムファイターズでプレーするのだと思います

ですが、年末に行われた国際強化試合でも大谷翔平選手の活躍はかなり目立っており、今年の日本ハム優勝の立役者ということもおそらくメジャーのスカウトたちの耳には入っていることだと思うので

来シーズンいっぱいが大谷翔平選手の日本での最後のプレーということになると思います・・・

なんだか嬉しい気持ちと悲しい気持ちが半々ぐらいですね・・・(;´∀`)

大谷翔平選手はプレー以外でも誠実な姿とルックスと落ち着いた雰囲気でいわば球界のアイドルとしての人気も高かったですからこのメジャーへの移籍を素直に喜べない人も多いのではないかと思います

・・・とはいえ日本の誇りの大谷翔平選手が海外で大暴れしてほしいという気持ちもありますし、ここは涙を呑んでいつもどうり笑顔で送り出したいですね!

ちなみに本来ならばこのポスティングシステムというものは球団に入団して7年以上たってから採用されることが多いのですが、大谷翔平選手はまだ入団から4年しかたっていません。

この異例の速さでの採用には理由があります。実は大谷翔平選手は高校卒業と同時にメジャーリーグへの挑戦を狙っていました

しかしそこを空振り覚悟で日本ハム大谷選手をドラフトで一位指名、引き止め結果的に球団に入団することになったという背景があります。

日本ハムとしてはどうしても大谷選手が欲しかったため、いつでもメジャーに行きたかった大谷選手を説得して入団してもらったということになります

これにより日本ハムは期待通り大きな戦力を得、これ以上のない今シーズン優勝という結果を得ることができましたが、大谷選手としてはメジャーへの挑戦が遅れたという見方もできます。

スポーツ選手の選手生命は短命ですから、この4年間があればもしかしたらもうすでにメジャーでもっと大きな成長を遂げ、記録を残していたかもしれません。

それゆえまだ大谷翔平選手は日ハム入団4年目ですが、かねてからのメジャー移籍の願いが通ったのだと思われます。

たしかにこれだけの結果をみせつけられ、日本で活躍しながらももうすでにメジャー関係者の目にも留まり、いつでもメジャー移籍できる準備の整った大谷選手のメジャー移籍を止めることはできませんよね(;´∀`)

残念ながら来シーズンで大谷翔平選手の活躍は見納めになってしまうかもしれませんが、日本でのプレー経験を生かしてメジャーでも存分に暴れてきてほしいですね!