日経新聞で「頭おかしい」と侮辱した担当者の名前は?ネットの声はどうなの?

   

 

2016年12月21日に日経新聞の読者センターに記事内容について問い合わせた男性が担当者から「頭おかしい」といわれたとして裁判になっていますね

この事件にで読者を侮辱した担当者は誰なのでしょうか?

侮辱した担当者の名前は?

記事に疑問があって問い合わせした読者に対して「頭おかしい」はちょっと言いすぎですよね(笑)

裁判でも「発言は社会通念上許される限度を超えている」という結論になり、1審に続いて日経新聞は賠償責任を認めて、1万1千円の賠償責任を負うことを認めました

裁判長も

担当者の男性に精神疾患があり、担当者が苦慮した面もあったとしたが、男性から挑発したわけではないと指摘し、「顧客に対し、たたみかけて侮辱的な発言をすることは到底正当化できない」

としまいた

 

担当者の男性も精神疾患があったのですね

そして気になるその男性担当者の名前ですが、残念ながら現在のところは明らかになっていません。

やはり一般人ですし、裁判も比較的もめずに終わったのでこれ以上情報が出回る可能性も少ないと思います

ネットの声は?

この事件に対し、ネットの声は

・10分もせっつかれたら頭おかしいとは思うわな

・10分も粘着されたら誰だってキレるだろバカじゃねーの

・思ってもいいが言うやつはおかしい

 

と賛否両論あるみたいで、質問をしつこくした読者側にも非があるのではないかという声も多く上がっていました

 

私は執拗に絡んだ読者に非がなかったとは思いませんが、それでも質問センターを作っているのも日経新聞で、そこにかかってきた質問に対応するのも仕事なわけですから相手に対しいくら「頭おかしいな」と思ったとはいえ、言葉に出すべきではないと思いました。

異常なクレーマーなら電話をどうにかやり過ごした後に今後の対応を考えるという方向にするべきで、個人での判断にしてはあまりにも軽率だったのではないかと思います。

 

 - 未分類