深津旭弘

 

全日本バレー熱いですね!!

 

女子がオリンピック出場を決めたこともあり、より一層熱が入っているように思えます。

 

ぜひとも男子にもオリンピック出場を決めてほしいものです

 

男子バレーといえば女子バレーにはない激しさと力強さが魅力ですよね!

 

サーブもスパイクもスピードが違います

 

それ故に海外の選手との体格差ががボールの威力にもろに出てしまいますが、

 

そこを日本はチームワークの高さとスピードで圧倒したバレーを展開して海外勢を退けています

 

バレーの花形といえばやっぱりスパイカーですが、そのスパイカーにトスを上げるセッターの役目は試合の中でとても重要になってしまいます。

 

スパイカーにはボールを強く打つためのインパクト力とボールを高いところで打つための跳躍力が必要とされますが、

 

いくら高いところから強いボールを打っても毎回コースを読まれてしまってはスパイクを決めることはできません

 

そこでスパイカーにボールをトスするセッターは攻撃毎にチームと連携を取り、コースや高さを変えて攻撃に導かなくてはなりません

 

スパイカーが兵ならセッターは指揮官といったところです

 

バレーにおいての攻撃の核はセッターにあるといっても過言ではありません

 

そういう役割上セッターは素早く的確な判断をできる頭脳がなくてはなりません

 

一選手としての役割+作戦指揮を兼任するわけですから誰でもできるポジションではないということです

 

もちろん日本代表ともなればすべてのポジションには適材適所の人材が配置されているでしょうが、そういう意味ではセッターは少し特別なポジションということができます

 

そんな重要なポジションを日本代表で務めるのが深津旭弘さんです

 

前不利が長くなりましたが、深津旭弘さんとはどんな人物なのか見ていきましょう

ph08

深津旭弘ってどんな人?高校と大学はどこ?身長と体重は?

 

名前:深津旭弘(ふかつ あきひろ)

生年月日:1987年7月23日

出身地:愛知県豊田市

 

出身高校:星城高校

 

出身高校は星城高校です。

 

旭弘さんは星城高校時代に春高バレー、国体、いずれにも出場しています

 

さすが日本を代表する選手ですね!高校の時からその才能は輝いていたみたいです。

 

バレーをあまり知らない方でも春高バレーという名前は一度は耳にしたことがあると思います

 

野球でいう甲子園みたいなもので、高校バレーの中では最も大きな大会です

 

国体は言わずもがなですが、そのどちらにも出場されています

 

さすがと言わざる負えませんね。未来の日本代表選手がいたんですからそりゃあ星城高校は強かったと思います

大学:東海大学

 

そして大学は東海大学に進学されます。

 

このころから主にセッターとしての頭角を現し始めたみたいです。

 

東海大学では司令塔としてチームに貢献する一方で、キャプテンも任さアれていたみたいです

 

ここでもチームをまとめる力と、バレーの頭脳が買われていますね

 

セッターとしてゲームの核となるだけでなく、キャプテンとしてチームのリーダーとしての役割も果たすとなると相当大変だったと思います

 

でもさすがは深津さん、このときの東海大学は恐ろしく強かったみたいで、

 

2009年に東海大学バレーボール部は創部以来の初シーズン5冠を達成しています。

 

深津さんがいる時代に歴史を作ったということですね!

 

そしてさらにすごいことに個人でも最優秀選手賞とセッター賞をどちらも受賞しています。

 

そして同年12月にJTサンダースの内定選手となり、プロ入りを決めます。

 

大学生としては規格外な選手だったことに間違いはないと思います

東海大学バレー部に歴史を作り、賞を総なめしてプロ入り確定するという・・・

 

もう漫画の主人公みたいですね!!身長:183㎝

体重:78㎏

 

さすがの身長ですね!テレビを見ていると周りもみんなでかいのであまり大きいと思いませんが普通に187㎝って友達でもなかなかいませんよね(笑)

 

所属:JTサンダース

 

JTサンダースに入団してからも深津旭弘さんはとどまるところを知りません。

 

翌年の2010年には全日本代表選手登録メンバーに選出され、第22回太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会に出場し、見事優勝しています。

 

プロに入ってすぐこの活躍ができるということは深津さんは本当に高いポテンシャルを持っている選手なんですね!

 

普通プロに入ったら全くレベルが違うためすぐには活躍できないものですが、すぐに日本代表選手登録をされ、国際大会で優勝となるともうプロに入るころにはプロ選手の中でも頭一つ抜けていた実職を持っていたことになります

 

本当に深津旭弘さんは計り知れないポテンシャルを持った選手だということがよくわかります。

愛称:フカツ

ポジション:セッター

指高:240㎝

利き手:右

スパイク:337㎝

 

深津英臣が弟!?

 

全日本男子バレー選手の中にはもう一人深津という名字の選手がいます

 

「深津英臣」選手という方なのですが、実は深津旭弘さんの弟さんなんですね!

 

しかもポジションは同じセッターです

 

兄弟でバレーの才能、そしてセッターの素質があるんですね!

 

なのでセッターが「深津」から「深津」へということもあるということです(笑)

 

また弟さんもとても優秀な方でこちらも調べていて驚きの連続でした

 

お兄さんの深津旭弘さんが素晴らしい選手だっただけに期待されていたでしょうが、その期待に120%でどんどん答えていきます

 

ほんとにスーパーバレー兄弟といった感じです

 

弟の深津秀臣選手のこともまとめてみましたので気になった方は読んでみてください!

 

 

まだまだ熱い全日本男子バレー、ぜひとも女子に続いてオリンピック出場を確定させてほしいですね!

 

今後の全日本男子バレーでの深津さんの働きに注目です!

 

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!